読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

ラーメンを食べに行く 『油そば ねこまた』

ラーメン グルメ

f:id:RAKu:20170322004527j:plain

こんにちは、らくたろうです。

 

 

先週ですが、東大路通りの四条と五条の間にある、油そば ねこまた』さんへ行ってきました。

f:id:RAKu:20170322003615j:plain

 

麺好きの同僚がよく行っているみたいで、らくたろうがスタンプラリーの残りの店をカウントしていると、「是非、一緒に行きましょう」と熱烈ラブコールがありスケジュールを合わせようと連絡するのですが、仕事の都合でスケジュールが合わず、単独での訪問となりました。

 

こちらのお店は、開店当初より通勤で目の前を通るのでチェックしていましたが、「油そば」を謳っているのでまぜ麺が苦手ならくたろうは若干遠慮気味でした。

 

また、すぐ横にパーキングがあるのですが、なにせ渋滞が多い場所の為駐車しにくいのです。同僚のねこまたマスターによると裏側にコインパーキングがあり、そちらの方が停めやすいとのことですが、何分超観光地帯でもありますので、なにかと気が引ける要素が多いのです。

f:id:RAKu:20170322004236j:plain

お店の横のパーキング料金は、200円/30分ですので30分で収まらなかったら結構痛いです。

f:id:RAKu:20170322004313j:plain

 

f:id:RAKu:20170322004414j:plain

お店の前には、写真付きのメニューの看板がありとても分かりやすいです。

「海老香る天然塩の油そばにとても惹かれますが、甲殻類アレルギーを若干持っているらくたろうはまずはベーシックな油そばから始めてみようと思います。

 

f:id:RAKu:20170322004547j:plain

店内は、テーブル席がメインで、カウンターはこじんまりとしています。

カウンターの上には、手書きのメニューがあり、雰囲気を盛り上げています。

観光地のど真ん中にあることもあり、一見では観光客相手のお店にも見えます。

 

f:id:RAKu:20170322004430j:plain

油そば」が到着しました。

横の黒い壺には、刻みたまねぎが入っています。お好みに合わせてどうぞとのことです。

 

f:id:RAKu:20170322004458j:plain

ふわふわのきざみ海苔が美味しさを引き立たせているようです。

 

まぜます。しっかりとまぜます。

香ばしい香りが立ち込めてきました。

一口、頂きます。

 

こ、これは、、、上品な❗

油がくどくありません。一般的なまぜそばの油っこさはなく、かといって油感がないわけではありません。しっかりと油の味がします。

香りのメインは醤油ですね。他にも複雑な香りと味が入り乱れて、上品なハーモニーを奏でています。油が美味しいんです。

 

f:id:RAKu:20170322004511j:plain

おっと、刻みたまねぎを投入するのを忘れていました。しっかりと投入します。

 

たまねぎのしゃりしゃり感で食感が変化しました。

でも、堪能していた油感が薄れてしまいました。さらにあっさり感増長ですが、らくたろう的には投入前の油のハーモニーの方が好みです。

 

一気に完食です。

この上品な油には絶対「海老塩」が合うと確信しました。次回は必ずや「海老が香る天然塩の油そば」を食することを心に誓いました。

 

観光客相手の洒落たお店だなんて思って大変失礼しました。

上品なお味のお洒落なお店でした。

 

ご馳走さまでした🎵


次回はねこまたマスター誘ってお伺いします❗ 



ちなみに、駐車時間は25分でしたので、200円で済みました。