読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

ラーメンを食べに行く 『うを亀』 海鮮料理屋さんの〆つけ麺

こんにちは、らくたろうです。

 

GW初日は、ZR-10R「03」おしよさんと高浜まで朝練しに行きました。

その帰りに、『うを亀』さん、初訪麺です。

f:id:RAKu:20170504024602j:plain

南丹市に美味しいつけ麺があるとの噂を聞いて、ぜひとも機会があれば訪問してみたいと思っていました。

 

先日の名メカニックのお礼に、おしよさんを招待です。

f:id:RAKu:20170504024803j:plain

割鮮 うを亀本店

 

場所は、おしよさんの奥さんが知っており、地元に近いおしよさんの先導で迷うことがなく無事到着しました。

 

f:id:RAKu:20170504025033j:plain

普通に海鮮料理やさん過ぎて、本当につけ麺があるのか心配で、店の前で様子を伺っていると、京都府下全域につけ麺ファンがいるらしい』とあり、ちゃんとつけ麺あるねと安心できました。

 

f:id:RAKu:20170504025308j:plain

メニューを見ると定食が色々あり、どれも美味しそうで浮気しそうです。

 

f:id:RAKu:20170504025421j:plain

丼系も充実しています。

あかん!早く注文しないと、浮気してしまう~!!!

 

メインメニューをパラパラ探します。

f:id:RAKu:20170504025537j:plain

見つけました!

鯛ニボ醤油「〆のつけ麺」です。

麵増し肉増し[900円]を注文すると、お昼は定食[1000円]でサラダ、ごはん付いてます。

おしよさんと、それにしようとなりました。

 

f:id:RAKu:20170504025605j:plain

夜のメニューも充実しています。

こんなお店近所にあれば通ってしまいます。

 

f:id:RAKu:20170504030102j:plain

到着です。

麺からも出汁の香りがします。

 

f:id:RAKu:20170504030139j:plain

テーブルが華やかになりました。

 

f:id:RAKu:20170504030224j:plain

まず麺に塩をかけて頂きます。

麺そのものが美味しいです。お皿の底に出汁入りの油を入れており、香りの正体見つけたりです。

 

f:id:RAKu:20170504030243j:plain

つけ汁の味のベースは、魚のアラですね。清湯スープと相まって美味しいハーモニーを奏でています。

もはや、ラーメンというカテゴリーの食べ物ではありませんね。

別次元の食べ物です。料亭で味わっているような錯覚までしてきます。

こんなラーメンを気軽に頂ける南丹市民の皆様は本当に幸せですね。これが、〆ラーメンなんですから。

 

麺と、つけ汁のハーモニーがまた絶妙なバランスで美味しいです。

こんな、つけ麺食べたことがありません。清湯のつけ麺で美味しいお店が少ないので、これはらくたろう心のランキングNo.1に躍り出たかもしれません。(今、裕さんつけ麺してませんから・・・)

 

f:id:RAKu:20170504030300j:plain

割スープです。この琥珀色はなんとも美しいです。

Oshimaさんのお勧め通り、スープだけご飯にかけて一口頂きます。鰹の香りが半端ないです。鯛茶漬けにしたい出汁です。

そこに、つけ汁を同量投入してみます。味が少し濃くなって美味しいです。1:1が美味しいかなとも思ったのですが、つけ汁:スープ割を1:1.3ぐらいがちょうどよい感じに落ち着きました。

ごはんもすぐになくなってしまいました。つけ汁はまだ残っています。割スープをつけ汁の器に注いで、最後まで頂いてしまいました。

 

美味しいものには抵抗できませんね。このために普段から減塩を頑張るんです。

一生ラーメンを食べ続けるには、普段から健康に留意しないといけません。

 

ご馳走様でした。

ちょっと遠いですが、また訪問します!