読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

ラーメンを食べに行く 『夕日のキラメキ一乗寺』 念願のエルモに会えましたヨ

f:id:RAKu:20170409013832j:plain

こんにちは、らくたろうです。

 

本日は雨でしたが、一条寺にランチに出掛けました。

12:00前にも関わらず、一乗寺ラーメンストリートは雨でも行列ができています。

安定の大行列は『極鶏』さんです。

『ラーメン荘 夢を語れ』さんにも行列が。

池田屋さんも、今日の行列はすでに長いです。

先日、京都に『二郎』さんがオープンされた影響でしょうか、今日はいわゆる二郎系といわれるお店に行列が集中しているような気がします。

 

我々の目的地は、行列ができている池田屋さんの横で、すでに3人待ちで並んでいる『夕日のキラメキ一乗寺さんです。

f:id:RAKu:20170409010521j:plain

この2店は行列常連店なので、遠目にはどちらに行列ができているのかわからず、目的のお店の方の行列が長ければ凹んでしまいます。

 

本日のらくたろうの目的は、「エルモくんに会いたい🎵」です。

FaceBookにてよくupされている画像を見ては、一度食べてみたいと思っていました。

本当は、「直太朗」のギガ盛りにも挑戦したかったのですが、先日「スーパーつけ麺特大チャーシュー増し」に挑戦してしまったため、本日はちょい自粛気味です。

 

このお店は、先に食券を購入してから待ちます。

券売機の前で、フリーズしてしまいました。「エルモ盛り」はレギュラーメニューではないため、券売機にボタンがありません。たしか、。仕方なく、おそるおそる店員さんに「エルモにするにはどうしたらよいでしょうか?」と質問しました。するとかなり忙しそうにしておられたにも関わらず、券売機の前まで出てきて丁寧に教えていただくことができました。

台湾まぜ麺の「直太朗」[750円]に、「キラメキスペシャル全部盛り」[300円]を追加でOKとのことでした。本当にありがとうございました。

 

「直太朗」は、小・並・大までは同一料金です。それ以上の特大・ギガ盛りになると別のボタンになります。(いつかは、ギガ盛りに挑戦してみたいです。)

 

f:id:RAKu:20170409010623j:plain

無事、エルモくんとご対面です。

右は、お連れさんの「直太朗」大盛りです。(お連れさんは、『池田屋』さんの常連で、昨晩は『セアブラノ神』さんでまぜ麺特大を脂増しで食べたにも関わらず今日も一条寺に繰り出す強者です。)

 

こちらのお店は、最初から〆ごはんを提供されます。(エルモくんの陰に隠れているヨ)

f:id:RAKu:20170409012048j:plain

さぁ、念願のエルモ盛りをしげしげと拝んだ後は、まぜまぜTIMEです。

しっかりと混ぜたいのですが、大きな鶏チャーシューのブロックの妨害にあってしまいました。嘴の裏側にも潜んでます❤チャーシューゾーンを避けながら混ぜ混ぜです。

一瞬にしてエルモくんがいなくなりました。

 

エルモくん、さよーならー。。。

 

最初に嘴だった大きな鶏チャーシューを頬張ります。ノーマル「直太朗」には入っていませんので初体験です。

やわらかい

美味しいです。

 

麺をすすります。。。すすれません。。。嚙み切ります。プリプリモチモチ感が最高です。

美味しいです。

 

以前にもコメントしましたが、らくたろうはまぜ麺の油が多い感じが苦手ですが、この「直太朗」は別格です。

 

お目目をだった半熟煮卵をパクっといきます。目玉はとろとろ過ぎて麺と同化しています。

美味しいです。

 

同じくノーマル「直太朗」では味わえない大きな海苔を麺に巻いていただきます。

おぉ...これは、想像通りの感じです。

3枚は多いかと思いつつ、実際に食べてみるともっと欲しいと思ってしまいます。

美味しいです。

 

お腹が一杯になりましたが、まだ〆ご飯が残っています。らくたろうは〆ご飯に味が混ざるようにごはんと同量の麺が残っている状態で投入します。

美味しいです。

 

お腹がパンパンになりました。。。 ダイエットは。。。 ...

 

ご馳走様でした。

エルモくん、また会いに来るよ🎵