読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

らくたろう一家の節分 『回転寿司 喜楽』 海鮮巻+上巻寿司

グルメ 家族でお出掛け

f:id:RAKu:20170203222357j:plain

 

こんにちは、らくたろうです。

 

本日は2月3日節分です。

らくたろう一家は、自宅で節分しました。

 

1月22日に『回転寿司 喜楽』さんで予約した「海鮮巻」と「上巻寿司」を、あーちゃんが、電車とバスに乗って取りに行ってくれました。

ついでに、あーちゃんのお母さんと待ち合わせして喜楽さんにてランチしてきたそうです。

 

f:id:RAKu:20170203215026j:plain

豆まき用のお豆さんも用意してくれており、準備万端です。

 

 

 

f:id:RAKu:20170203215920j:plain

美味しそうな太巻きが2本🍴

 

 

らくたろう一家では、巻寿司を一人が1本食べるような贅沢はいたしません。

今年は2種類の巻寿司を3等分して平等に頂きました。

f:id:RAKu:20170203215703j:plain

第一選択権がゆーたんにある、超一人っ子バージョンです。

「僕はこれ」の一言で、絶対それが貰えます。3人兄弟で育ったらくたろうには考えられない王子様ぶりです。

 

f:id:RAKu:20170203220136j:plain

あーちゃんの母上から、いわしの塩焼きもちゃっかり頂いたみたいで、まさに節分の食卓になりました🎵

 

今年の恵方「北北西」です。

ゆーたんに、「北北西」の方向を教えながら、マーキングして椅子を3脚並べます。

では、「いただきます」

だまって食べなければいけません。

 

今年の、喜楽の海鮮巻の食感は上巻寿司とあまり違いませんでした。

うなぎが入ってます。たまごも入ってます。

以前らくたろうが感動した海鮮巻の食感はとろっとろで中身はマグロ・トロサーモン・イカなどで、本当に口の中で溶けていく感じでした。

ですので、上巻寿司のうなぎときゅうりのしっかりした食感との違いが楽しかったのですが、今年は食感の違いはありませんでした。まぁ、そのくらい喜楽さんは上巻寿司も美味しいんです。今年は海鮮巻のほうがちょっとお魚感優位かなぁくらいの差しか感じられませんでした。

ちょっと残念な海鮮巻。相変わらず美味しい上巻寿司。

な~んて、だまって孤独のグルメごっこをしているうちに食べ終わりました。

 

あーちゃんとゆーたんはまだもぐもぐしています。

お約束で、らくたろうはゆーたんの前でおちょけます。必死で笑うのをこらえているゆーたんの表情を楽しんでいたら、食べ終わっていないあーちゃんから、「こらっ」て怒られました。反則!って注意したら、「反則はどっちやねん」ってまたおこられました。シュン。。。⤵

 

その時です、、、大事なことを思い出しました!

恵方巻はだまって願い事をしながら食べるのでした。

ゆーたんにあわてて「願い事しながら食べなあかんよ」とアドバイスです。

 

らくたろうの願い事は、孤独なグルメごっこ。海鮮巻と上巻寿司の私的グルメ評論ということになるのかな?

 

ちなみに、ゆーたんの願い事は「しあわせになりますように」だそうです。

欲があるのだかないのだか。えぇ子には育っている感じです。

 

改めて、晩御飯の頂きますをしたら、ゆーたんから「ご飯は?」と質問です。どうやら白ご飯がないと主張しています。

 

あんた、いま食べたものは何?

 

って、つっこみをいれたら、「ご飯がないとさみしい」だそうです。ハイハイたくさん食べて大きく育ちなさい。

 

 

 

食後は、豆まきです。

 

らくたろう一家では、ゆーたんが誕生するまであーちゃんの「誰がばらまかれた豆を掃除すんねん💢」との一言で、豆まきは禁止でした。でも、ゆーたんには豆まきを楽しんでもらいたい。そこで、らくたろうはお皿を用意し、ベランダと玄関先に設置し、そこにめがけて豆を入れる方式を考え出し、無事あーちゃんの許可を取り付けました。

 

今年も無事、一家全員で豆まきできました。

今年一年、平和で無病息災に過ごせますように。。。(明日のゴルフのスコアもまとまりますように)