読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

ラーメンを食べに行く 『たけ井』本店

f:id:RAKu:20170127172235j:plain

 

こんにちは、らくたろうです。

 

本日は、城陽にある『たけ井』さんの本店です。

f:id:RAKu:20170127172339j:plain

オープンが11:00と若干早いので、オープン直前と直後が狙い目です。

 

じつは、開店当初よりうわさは聞いていたのですが、左カーブの凹みにあり、右手前にあるレッドバロンバイクをチェックしながら、前を向くと城陽のバッティングセンターが目に入ります。バッティングセンターの手前にあるこのお店の看板は目に入りにくいで、発見できずにいました。

f:id:RAKu:20170127172441j:plain

どうしても行きたかったので、携帯ナビで検索してようやく発見できました。(しかも、それでも一度通り過ごしてしまってます。)

確かにこの辺で人がうろうろしているのを見たことがあります。でも、目に入ってこなかったです。

 

一度行ったらもう大丈夫です。しかも、すぐにやみつきになってしまいました。

 

f:id:RAKu:20170127172912j:plain

寒いのでラーメンを頂こうかと思いましたが、今回のコンセプトは、[自家製麺になった『恵那く』さんに、らくたろう心のランキング京都つけ麺1位の座を明け渡してしまうのか?『たけ井』さん。確認訪麺]です。

 

f:id:RAKu:20170127172926j:plain

やや茶色の太めの麺は、お父さんが製麺所をされており、そこからの供給です。

腰があり、食べた時の弾力感がたまりません❤

いつも、きれいに盛り付けておられます🎵

 

ただ、国道1号線に2号店を出されたまでは良かったのですが、阪急梅田駅構内に3号店を出店された辺りから、製麺の量が増えたからでしょうか、せっかくの麺がパサパサで硬くなってました。店主曰く、麺は変えていないがパサパサなので硬く茹でないとプチプチに切れてしますとのこと。麺とつけ汁のマッチングが大好きだっただけに、少し違和感を感じてしまっていました。その後も何度か訪問したものの同じ感じだったので、しばらく足が遠のいていました。

f:id:RAKu:20170127172950j:plain

つけ汁のクオリティーは言うことなしです。相変わらずの絶品スープです。基本魚介ドロ系ですが、しつこくなく、かといってサラサラでもなく、ゆずの香りがほのかに香ります。

 

太麺にスープが絡み、なんとも言えないハーモニーです。おっと❗今回の麺は、硬くはありません。多少切れやすいですが、かなりいい具合に改良された感じです。

らくたろうが知っている全盛ではありませんが、大丈夫、充分美味しいです🎵

 

また、今回はチャーシューがトロトロで美味しいです。一時期少し硬目になっていたので、これは満点どころか120点の満足度です。

 

f:id:RAKu:20170127173002j:plain

最後に、つけ汁を渡してスープ割を頂きます。ねぎと刻みチャーシューを足していただけるので、美味しさ倍増です。またまた完汁していまい反省です。。。


ご馳走様でした🎵



さぁ、らくたろう心のランキングは入れ替わったかと言いますと…、



『たけ井』さんの麺が復調の兆し。


『恵那く』さんの自家製麺も再度検証してみなくなりました。


なので、ドローです。


勝手なラーメン好きの戯言ですみません。


ちなみに、らくたろうもう一度食べてみたいラーメンランキング1位は、徳島の『阿波一』さんです。

ツーリングの途中で、コースリーダーが目的のラーメン屋さんが休みだったので、派出所に入って、お勧めしてもらった幻の一杯です。


その後、何回もかんを頼りに探してようやく見つけましたが、店主が変わってラーメンも変わってました。


お弟子さんが、昔の味を守っておられるそうで…是非とも味わってみたいと思ってます。