読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくたろうがいく グルメ&週末放浪記

京都のラーメングルメとバイクと釣りとゴルフと

ラーメンを食べに行く 『麺屋 裕』

グルメ ラーメン

f:id:RAKu:20161118222616j:plain

こんにちは、らくたろうです。

 

お題に挙げている京都ラーメン
記念すべき第一弾は『麺屋 裕』さんです。

f:id:RAKu:20161118223134j:plain

場所は、今出川通りと丸太町通りの間、千本通りより少し奥まっています。

目印は、パチンコKINGの正面にあるローソンです。

 

どうしても第一弾にしたかったのですが、今週は月曜日,水曜日が臨時休業。火曜日,木曜日は13:00過ぎにチェックするも、長蛇の列で時間がなく訪問を諦めてました。

本日は、気合いで開店15分前に訪問、ポールをゲットしてしまいました。(それでも開店の11:30には8名待ち、カウンターのみ6席しかないので、全員入りきれません。)

f:id:RAKu:20161118223358j:plain

f:id:RAKu:20161118223040j:plain

この看板は店主の手彫りです。「営業中」「支度中」の看板も手彫り、素晴らしい。。。

このこだわりがラーメンにも反映されています。
名物の「蟹塩そば」は、特製の蟹油が薫り、ほたてから抽出された旨みが鶏清湯と混ざり合い、最高のハーモニーを描いてます。

しか~し、甲殻類アレルギー持ちのらくたろうは、相当体調の良い時にか味わうことが出来ません。(それでもたまに蟹油の香りに誘われて注文してしまいます。)

で、今回は「鴨中華そば」を頂きました。

f:id:RAKu:20161118223455j:plain

本日はちょとだけ特別な日なので「チャーシュー増し」も頂きました。
このお店は、大盛りでのらーめんの提供はなく「替え玉」で頂きます。(すぐに丼に投入したため画像ありません。。。)

f:id:RAKu:20161118223513j:plain


こちらは前出のとおりカウンターのみ6席しかなくすぐに行列ができます。そのため、様々なマナー違反をするお客さんがおられ、店主が頭を悩ませておられます。

f:id:RAKu:20161118223554j:plain

駐車場はコインパーキングがちょっとだけ遠くになりますが、目の前のローソンに駐車しないようにお願いします。
列には全員が揃われてから並びましょう。トラブルの元です。後から合流される人と一緒にお店に入りたかったら潔く後ろに並び直しましょう。

このお店は2016年,2017年連続でミシュランのビブグルマンを受賞されております。
高松店主が『夢人』『真斗』『山勝麺三』とやられてきてようやく手に入れられた称号です。私も『夢人』から追っかけてきた店主が栄誉ある賞を受賞されて、さらに維持されている。我がことのように嬉しいです。そんなお店をマナーの悪いお客さんにより、お店を存続できなくなる可能性がでてくるのは残念で仕方ありません。我々客側も、頑張って協力しあって自慢できるお店にしたいものです。

f:id:RAKu:20161118223629j:plain

ちなみに、店主によると現在お勧めは「ない」とのことでした。
私のお勧めは、

①「裕流塩そば」で基本の味を味わってから、

②「蟹塩そば」(なんせ名物ですし、この店が有名になった一杯ですから)を頂く。
そして、以前店主一押しだった「裕流中華そば」を頂き、こだわりの醤油の味を確認

④「鴨中華そば」で鴨を堪能します。(鴨は一度メニューから外れていましたが復活しました。)
最後に、「鴨塩そば」で、初め鴨油のみの薄い味(店主曰く)から、食べ進めるといままでの4杯で記憶にある裕節が主張してくる味の変化を愉しみます。

結局、全部か~い❗です。お勧めは全部をこの順番で頂くことでした。5回行かないといけませんネ。

個人的には、以前メニューに載っていた「つけ麺」を復活させて欲しいと切望しておりますが、マナーが悪いお客さんが多くなると現在の様にメニューから外されてしまいます。


是非、麺屋裕ワールドをご堪能を。

 

【京都情報】

f:id:RAKu:20161118225040j:plain

京都の紅葉も本番を迎えています。

らくたろうも、明日土曜日に清水寺の夜間拝観を予定していましたが、雨予報の為中止になりました。

日曜日の天気は良さそうです。気温も今週は少し暖かく観光日和です。

お出掛けして下さい。(らくたろうは出撃予定です。。。)